憧れの介護師になるためには資格習得が必須

病院で働きたいなら

学生

高看を目指しましょう

将来看護師を目指すなら、看護系の高等学校に進学することをおすすめします。特に私立の高等学校であれば、そのまま同じ系列の専攻科に進学し高看を目指すことができるからです。もちろん看護系の高等学校を卒業すれば准看護師の資格を得ることができますが、高看とよばれる正看護師になると医師の指示のもとで看護や処置をおこなうことができるのに対し、准看護師は高看の指示のもとで看護や処置をしなければなりません。また給料面でも差が出てきてしまいます。また病院奨学金といって卒業後その病院で一定期間働くと言う条件の下、学費を援助してくれる制度がありますのでそれらを利用すれば学費を大幅に抑えることができますし、高等学校や専攻科に進んでも在学期間学費を気にすることなく勉強に励むことができるのでおすすめの制度です。看護師を目指すほとんどの人が利用して入るようです。病院奨学金は返済の必要がない上卒業後の進路もそのまま決まっていますし、もちろん働いた分の給料から天引きされることもありません。もちろん高看を目指してもすべての人がなれるわけではありません。資格を取得してもその後、国家試験に合格しなければ高看になることはできません。准看として働きながら再受験も可能なので、高看の資格を取得したなら合格を目指し勉強に励むことが大切です。国家試験合格に向け、サポート体制が整っている学校も増えているので合格率の高い学校を選ぶことも選考基準の一つとなるでしょう。