憧れの介護師になるためには資格習得が必須

進学先選定のポイント

文房具

ビジョンの明確化

医療系の大学には様々な学科があります。まずはどの大学に進み何の学科を専攻するのか、将来自分は何になりたいのかを明確にしなければなりません。医療や福祉の世界は深刻な人材不足がうたわれています。しっかりとしたビジョンを持ち進学、そして就職すれば貴重な人材として重宝されるはずです。一般的に医療の大学は、様々な学科の存在する総合大学、医学部のみがある単科大学に分けられます。基本的にはどちらに進学しても学ぶ内容に大きな差はありません。従ってどちらに進学したとしても、問題なく医療職に就くことができます。 しかし、医療系の大学に進むためにはそれなりの進学校に通っていなければなりません。医学部への進学が多い進学校は、中高一貫教育である所が多いという統計があります。ですので、単に医学部への進学率が高い高校を選んでも中高一貫校で高校からの募集がないという場合もあります。中学、高校のうちから医療系への進学を目指す場合には、こういった点にも注意が必要です。医療系の大学への進学者が多い中高一貫校は、受験に必要となる理系の授業時間数が、他校に比べて多いという特徴がある学校もあります。選定するに当たりそういったカリキュラムにも注目してみるのも良いと言えます。費用の負担面から、国立系への大学へ進む進学者も多いようです。しかし奨学金制度などを用いれば、私大に通うことも可能と言えます。働き始めの頃はまだ給料が少ないかもしれませんがそれでも返せない額ではないはずです。